初心に戻ってパースなんか
2008 / 10 / 25 ( Sat )
しろくま

また自虐ネタですが、パース(遠近法)というのは多くの絵描きさんにとって
避けて通れない課題ですがこれを疎かにすると結構大変な目に遭うわけで
まさに私がその典型的な例だったのです。
しかもそれに気づくのにあまりにも長い時間がかかってしまいました。

はっきり言ってパースというのはそう大した学問じゃないとなめていて・・・

まあ、パースなんてアイラインと1点透視と2点透視と3点透視と
後はカメラレンズによる広角と望遠の描き分けができれば
それ以上は学ぶネタもないしそれで解決できない部分は写真か3Dで
解決するしかないでしょうと長い間思い込んでいましたが、
ある日偶然本屋さんで手にしたパースに関する本をパラパラと読んでると
驚くくらいの未知の世界がそこにあってショックを受けました。
・・・色々、実は知らなかったことがたくさんあって目から鱗も
いいところです本当に。 
要するに、
パースの何たるかをちっとも分かってなかったんのです。○| ̄|_
もう恥ずかしいしね。
よくこれでアニメの絵とか描いていたもんだ。○| ̄|_
特にレイアウトを描いたら演出さんに文句言われやたらとリテイクを
食らったのも納得です・・・○| ̄|_

もちろんその本は買って(たくさん立ち読みしたら安い雑誌でも買おう)
後から別のパース本も買ってドキドキしながら読んでいます。

この笑えない事態をもたらしたのは
下手に美大出身というプライドというか、ちゃんと勉強したことも
ないくせに「そんなもん知ってるに決まってる」的な、根拠のない自信。
(残念ながらクラスメートにもこういうタイプはたくさんいます)
人間さえマスターすればあとはなんとかなるという一種の逃げ。
(その人間も全然マスターできてないくせに)

・・・でしょうか。

とにかく今からでも正すことができてよかったと思っています。
中途半端な知識でも以前よりマシになるのは間違いないので。

嬉しさと恥ずかしさが半分半分で心情的には複雑ですが。
00 : 56 : 56 | 絵、CG | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<bicycle | ホーム | 年末も忙しくなりそう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://schmin.blog88.fc2.com/tb.php/34-25ad0d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |