スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お見事
2008 / 07 / 01 ( Tue )
ここ数年、漫画はわずかな数の以前から読み続けてきたタイトルしか買わない傾向ですが
久しぶりに新作を買いました。

それがこれ

参考になります


作者さんには失礼かもしれませんがストーリーとかが気になったわけではなく絵を見るため
というのが目的で、某動画サイトでComicStudioを使ったこの漫画の原稿制作の動画が
その手の人たちの間で話題になり私も興味深く拝見したんですが
まさに「使いこなしてる」って感じでしかも細かいところも手を抜かず
根気強く描き込むところはちょっと感動したものです。
・・・で、そのデジタルで描かれた作品の単行本の第1巻が出たので
お手並み拝見じゃないですが純粋に実物を見てみたいというのとフルデジタルで
果たしてどこまで自然な絵が描けるかという可能性みたいなところも見極めたかったので
思わず買ってみたわけです。

感想からいうと絵もうまいし丁寧で緻密。
600円とマンガ本としてはちょっとお高めですが参考書だと思えば安いかな。
絵柄は好みにぴったりという感じじゃないけど萌え系の絵とも違って全然
拒否反応はないです。
デジタル特有のつるっとした質感もあまりなく温かみのあるアナログチックな絵に
仕上がってて違和感がないですね。
・・・グッジョブ

ComicStudioで漫画を描く人間にとって「いけるんちゃうか」と希望を
持たせてくれる指南書としても価値のある一冊だと思いました。
CGに興味のある人には特にお奨めです。

ここまで使いこなしたいなComicStudio・・・!


20 : 34 : 12 | オタク(漫画、アニメなど) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブログのこと | ホーム | 持つべきものは>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://schmin.blog88.fc2.com/tb.php/18-a0314e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。